過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群に関する参考知識記事一覧

世の中にはかなり治療が難しく、その他の病気を引き起こしてしまう危険があるような症状も多くあります。特に、過換気という症状は一般的に知られている過呼吸に似た症状ですが、原因がはっきりと異なっており精神的な負担やストレスが原因になって引き起こされることが多いものです。過換気では原因が精神的な面であり目に見えないので、周囲の人からすると発作的に症状が起こるのでかなり驚かれる事も多い症状です。しかし、対処...

心療内科で治療を行う心身症の中でも、心理的な原因があるにも関わらずノイローゼには属さない疾患の一つに、過換気症候群というものがあります。文字通り、呼吸による換気のしすぎによって、様々な症状が起こることを指しています。人間は呼吸により酸素を肺から血中に取り入れ、心臓に送り、炭酸ガスと交換することで体中に酸素を送る生理的な機能があります。通常血液中の酸素と炭酸ガスはバランスが取れているのですが、何らか...

呼吸が乱れたことで肺に入る酸素の量などが低下することになり、血液に取り込まれてヘモグロビンと結合する酸素が減少してしまうため、酸素解離曲線は左側にシフトする事になります。このため、過換気になりますと息苦しい状態が続き、呼吸が早くめまいや動機を伴い、意識がはっきりしなくなったり手足や口などの痺れなど、一度に多くの症状に見舞われるため恐怖を感じたり、稀に失神してしまうこともあります。過換気は精神的な事...

過換気症候群をご存知ですか。過呼吸状態と言われるとピンとくるかもしれません。過呼吸状態と過換気症候群の起こる生理的メカニズム、呈する症状はほとんど一緒であるので、見分けはできません。ではなぜ分けられているかというと、その原因が精神的なものか、それ以外の運動かという点だけです。精神的なものは、過換気症候群ということに現在されています。そのメカニズムは、二酸化炭素の血液中の濃度、つまり、血液中に溶けて...

「過換気症候群」という言葉をご存知でしょうか。英名でHyper Ventilation Syndrome(ハイパーベンチレーションシンドローム)と表記されるこの症状は精神的な不安からくる過呼吸によって生じます。症状は主に・息苦しさ・胸部の圧迫感と痛み・動悸・めまい・手足や唇のしびれ(テタニー症候群と言います)・(まれに)失神があげられます。発症機序としては呼吸性アルカローシスというものが原因となっ...

過換気症候群という言葉を聞いた事がある人も多くいますが、これは人間が普段何気なく行っている呼吸が深くなり、また早くなる状態のことをいいます。この状態になると血中の二酸化炭素が排出されるので血液がアルカリ性になります。したがって手や足がしびれたりけいれんを起こしたり、意識がもうろうとなったりします。この症状が出ることは多く、その裏にはたくさんの原因が考えられます。例えば器質的な病変があったり精神的な...

過換気症候群とは精神的な不安によって過呼吸状態になり、手足や唇に痺れや動悸などが起きる心身症です。また、不安などの精神的なものから来る心因性のこともあります。一般的な過呼吸との違いは『精神的な不安』が原因で起こるという点です。ひどい場合は失神したり、呼吸困難に陥ったりします。体験された方の中には死の恐怖を感じた方もいらっしゃるそうです。妊婦さんは過換気症候群になりやすいようで、救急搬送される方もい...

過換気症候群は過呼吸の一つとして一般的に認識されており、症状は精神的な不安によって呼吸が乱れたり激しくなったりすると、まれにこの症状になりやすい可能性が高く、それを治す場合一回深呼吸をすることによって50%の確率で治ることがあります。過換気症候群がずっと続いている場合喉が振動しているため喉が渇いて脱水症状を引き起こすことがありますが、口の息を一定時間止めておくことで喉の渇きを少なくして脱水症状を引...

過換気になると炭酸ガスが呼気から排出されて動脈血の炭酸ガスが減少するという現象が起こります。脳の血管はどうなっているのかというと、炭酸ガスが少なくなると収縮するという性質を持っているので、脳の中の血液の量が減ってしまいます。したがってこのときには頭蓋内圧が下がってしまうのです。しかし脳圧亢進のある人が気道閉塞を起こしてしまうと、動脈血に炭酸ガスがたまってしまうので、頭蓋内圧は急に悪化してしまいます...

過換気症候群は強いストレスや不安感などにより呼吸が大きくなる事で、血中の二酸化炭素が排出され過ぎておこる病気です。二酸化炭素は血中の酸とアルカリと密接な関係を持っており、二酸化炭素が減ると血液はアルカリ性へと傾きます。呼吸性アルカローシスと呼ばれるその状態になる事で、血管が収縮し体内の血液の流れが滞るようになり、呼吸困難や胸の圧迫感や痛み、手足や唇のしびれなどの症状が起こると言われています。全身麻...

人間の体はとても不思議なもので、様々な代謝が同時に起こって今の生きている身体を作っています。その中でも様々な状態に変化をしており、時には体内の環境が酸性側に偏ってしまう事もあり、その事を代謝性アシドーシスという呼び方をします。この状態になると急な性質変化に対応するため人体はその逆の状態になれるように発作的に反応して、体内のバランスを平衡に保とうとして反応が起こります。これが主に過換気の急性の症状で...

過換気症候群とは、精神的な不安・不満・怒り・恐怖などによって過呼吸(必要以上の換気行為)になり、その結果として、息苦しさ・胸の圧迫感や痛み・動悸・めまい・手足や唇の痺れ・頭がボーとする感覚・死の恐怖(本当に死ぬことはありません。)・意識混濁などの症状が起きる心身症の一つです。過剰に二酸化炭素を吐き出してしまうため、動脈を流れる血液がアルカリ性に変わってしまうのが、これらの症状の原因です。一般的な過...

過換気症候群になっているかど言うかの判断として検査を行ったりするのですが、このときに利用するのは、体の電解質であるカリウムの量について調べることになります。過換気症候群になっている場合には、カリウムと言うのはどのようになるのかというと、その量的なものが、低くなると考えられているからなのです。このカリウムというのは、神経や筋肉の働きに密接な関係というのがわかっているところがあって、神経や筋肉の働きを...

人間は肺をふくらますことによって空気を肺の中に吸い込んで、肺を縮めることで吸った空気を体の外にはき出すということを行っています。すなわち酸素を体の中に入れて二酸化炭素を体の外に出すということを行っています。この一連の動作のことを換気といいます。そして過換気といわれるのは換気が大きくなっている状態のことです。この状態になると体の中に酸素がいっぱいになっているということです。そして二酸化炭素の量が少な...

精神的な要因で引き起こされる過換気症候群は、心身症の一つとして数えられています。内科、呼吸器科、心療内科などで診察されることが多く、身体症状の激しさから、心臓などの病気と間違われることもまれにあります。この過換気症候群の診断には血液検査が用いられることが多いですが、この発作を起こしていると、激しい呼吸によって酸素をを吸い過ぎ、血液中の二酸化炭素の濃度が極端に低下して酸素の濃度が高くなります。こうし...

最近病院やテレビなどで過換気という言葉を耳にすることがあります。過換気とは呼吸が深くなったり速くなったりした状態のことをいいます。すなわちこの状態になることで血中の二酸化炭素が排出されて、血液がアルカリ性の状態になっているのです。この状態を呼吸性アルかローシスといいます。その結果しびれやけいれんや意識がもうろうとする状態になります。神経や筋肉に症状が現れるのが特徴です。過換気を引き起こす人は大変多...