過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気とその他の病気との関係記事一覧

過換気症候群は若い女性に多いと言われている病気ですが、男性や高齢者の患者もいます。過換気症候群になってしまうと、突然または少しずつ呼吸が苦しくなり、両手の指や口などがしびれたような感覚になります。胸の締め付け感や息苦しさから精神的な不安が募り、死の恐怖を伴うことがありますが、これがさらに酷くなると指が痙攣したような状態になってしまいます。また、非常に意識が朦朧とすることもあり、激しい過呼吸と無呼吸...

脳は、人間がその生命を維持していくためには必要不可欠の最も重要な臓器です。ですので、外傷などから保護するために、硬い頭蓋骨でしっかりと包み込まれています。普段はそれで良いのですが、何らかの原因で頭蓋内に血腫や脳浮腫が発生した場合は大変です。頭蓋内の容量が増加してもその逃げ場がないために、頭蓋内の圧力が異常に高まることになり、柔らかい脳は隙間に向かって押し出されていくことになります。このように脳が本...

過換気症候群とは、強い精神的ストレスや不安によって正常な呼吸回数が過度に増えてしまい、そのため血中の二酸化炭素が減少し、全身の動脈が収縮して細くなり、手足の痺れやめまい、意識が朦朧とする症状を引き起こす事です。過呼吸になる事から、過呼吸症候群ともいわれます。呼吸中枢等が過度なストレスの影響を受けることにより、血中の炭酸ガスが余分に排出され、血中には十分な酸素があるのに息苦しさを感じ、その結果過換気...

過換気は症状は過呼吸とほぼ同じですが原因が運動ではなく、精神的な負担やストレスによって引き起こされるものなので、周囲からするとかなり発作的な症状に見えて、しかもパニック障害のような状態になってしまうのでなかなか理解されにくい症状です。症状が起こる本人にも分からない事が多いので、時には呼吸困難で気絶してしまったり、呼吸が苦しくて対処ができないような事もあります。この症状があまりにも突発的に起こると血...

人間は呼吸をして生命の維持を行っています。呼吸とは二酸化炭素を体の外に出して酸素を体の中に取り入れることです。しかしこのバランスが崩れると体に不調が出てきます。二酸化炭素の量が体の中から減少すると起こるのが過換気です。この症状では血液がアルカリ性になります。したがってこの症状を疑うときには、血液検査を行って血液がアルカリ性になっていることで判断します。症状を引き起こす原因としてはたくさんのことが考...

血管の中にできる血液のかたまりのことを血栓と言います。血栓が動脈にできると心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。この血栓は動脈だけでなく静脈にも起こります。静脈にできる血栓の多くは90パーセント以上が足に起こるものですが、この足の静脈の血栓が何らかの拍子に血管の壁からはがれおちることがあり、はがれた血栓が血流の流れによって心臓に運ばれた後、肺に入り肺の血管を詰まらせることを肺塞栓症といいます。肺塞栓症...

人間の肺動脈圧の正常値は、収縮期圧30〜15mmHg、拡張期圧8〜2mmHg、平均圧18〜9mmHgであると言われています。従って、これらの数値がある一定のレベルを超えるようになると、肺高血圧症との診断を下されることになります。症状の進行の度合いなどを正確に捉え、的確な診断を下すためには、右心カテーテルを用いて肺動脈圧や心拍出量を直接測定するという方法がとられる場合が多いです。しかし、レントゲン撮...

過換気は不安障害の症状としてもあらわれます。この障害による過呼吸は、長期的に続いている不安や不満、怒り、緊張など、神経を興奮させる要素が原因となっていることが多いです。また、体が疲れているときや、睡眠不足、風邪を引いているときにもこの症状が出やすくなります。不安などからくる過呼吸は突然、または少しずつ呼吸が苦しくなっていき、両手の指や手足のしびれに襲われるというものです。指や手足のしびれがひどいと...

貧血でも重度の症状がでてくると頭がフラフラしてきて立っていることもできなくなったり、過換気症候群になって息が苦しくなってしまうこともあるので只事ではないです。倒れるくらいまで貧血になってしまうときは何も食べていなかったり、症状が悪化してしまったなどの場合が多いです。そんな貧血になる原因としては女性だと毎月、生理もあるのでそのせいでなりやすいのもあるのですが、無理なダイエットをしたり、朝ごはんを食べ...

うつ病と過換気症候群には相関関係にあります。この病気は過度のストレスから発生するといわれており、発症すると呼吸困難や手足のしびれ、動悸、吐き気、死ぬのではないかという恐怖感などに見舞われます。一度このような症状を経験しますと、またなってしまうのではないかという予期不安と呼ばれる不安に見舞われ、症状がおきやすい場所に行ったり、症状が起きやすいイベントなどを避けるようになります。予期不安が重症になると...

早朝通勤のために駅のホームで電車を待っていると突然隣にいた人が倒れた、そんな場面に出くわしてしまうとびっくりしてしまいますが、経験をされている方もいると思います。その時に原因となっていることがあるのが過換気です。この過換気は血液の中の酸素濃度が急激に高まることで発生し息苦しい、胸に圧迫感がある、動悸が激しい、頭がぼーっとする、その場にいることに恐怖感を感じる、めまいがする、失神などの症状を感じるこ...

人間の身体というものは自律神経の働きが,空気を呼吸したり飲食をしたものを消化したり、体温調節・発汗の調整等をおこう事でバランスを正常にとる事が出来ます。しかしながら、仕事や人間関係等で過剰なストレスを受けると自律神経のバランスを維持する事が難しくなり、しびれや息苦しさや窒息感や呼吸が出来なくなるかもしれないという恐怖感等の激しい自律神経失調症を伴う過換気と言われる早くて浅い過呼吸をしている状態に成...

過換気と喘息発作はどちらも息苦しさが出るので似ているように見えますが、実際には全く違う病気です。喘息の症状が起こる原因は気管支の炎症です。気管支が炎症を起こすと空気の通り道が狭くなってしまい、呼吸困難の原因となります。しかし過呼吸は逆に、息を吸いすぎてしまうことで起きるものです。喘息になりますと、息をうまく吐けなくなると、息をうまく吸えなくなるという症状が両方起きます。息がうまく吸えないので体内に...

もやもや病は過換気によって症状が誘発される病気です。この病気は脳の中に異常な血管網ができ、深呼吸が必要なことをするとさまざまな症状を呈します。また、この病気は子供と成人では症状が違うのも特徴です。子供の場合、熱い汁物に息を吹きかけたり、笛を勢いよく吹いたり、大声で泣いたり、といったことをしたり、激しい運動をして過呼吸になると発症します。この病気の症状がさらに進みますと脳の後頭葉の動脈がふさがり、視...

多くの人が困っている過呼吸や過換気の症状は一度発症してしまうとなかなか改善する事の出来ない難しい病気です。中でも呼吸が一時的に止まる事によって起こる脳血管に対する負担はとても心配が大きく、時には脳血管が破けて脳内出血を引き起こしてしまう事もあるので十分に対策をしておく必要があります。基本的には過換気が起こると脳血管収縮が起こり、必要以上の血液を流さなくて済むように全身が反応してしまいます。実際には...

不安や困惑、またはストレスや怒りなどを発端にして、呼吸が深く早くなることを過換気症候群といいます。肺は通常、外から取り入れる酸素と体内でできた二酸化炭素を循環させています。ところがこの病気が起こると、二酸化炭素が呼吸の乱れにより出すぎてしまうので、血液は中性からアルカリ性になり、血中の電解質量が小さくなることにつながります。電解質の中でもとりわけカルシウムは低くなるので低カルシウム血症という状態に...

最近テレビなどでよく耳にするようになった言葉に過換気というものがあります。これは一体どのような症状のことをいうのかというと、呼吸が深くなってさらに早くなることをいいます。すなわち血中の二酸化炭素が排出されることによって血液がアルカリ性になるということです。したがってこの時に現れる症状としてはしびれやけいれん、意識がもうろうとするなどの筋肉や神経症状が現れます。また呼吸が速くなることによって不整脈の...

40代以上の中高年世代で過換気の症状が出た場合は、その傾向を注意深く観察する必要があります。過呼吸の症状とともに、胸が圧迫されるような感じがしたり、傷みがあるという場合は、肺塞栓や心筋梗塞の可能性があります。さらに、過呼吸と一緒に頭痛の症状があったという場合は、脳出血やくも膜下出血を疑わなくてはなりません。さらに、もともと糖尿病や腎不全を持病として持っている場合は、糖尿病性アシドーシスや腎性アシド...

突然生きが苦しくなりめまいがしたり、意識がなくなったりする、そんな症状の原因は血中濃度に酸素が過剰となり、血液を通じて脳に運ばれる酸素の量が過剰とならないように身体が自然に制限することで起きる症状です。この症状が起きる原因として「過換気」と「過呼吸」があります。この過換気と過呼吸は一見同じ症状に見えますが実は違います。端的に言うと過換気は置かれている状況から生じる精神的な負担やストレスを理由として...