過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気とはどのような症状か理解しておきましょう

スポンサーリンク

過換気とは過呼吸とも言われますが、呼吸が多くなることをいいます。
「ただ呼吸する数が多いだけならば、そんなに問題ないのではないか」と考えられがちですが、それは大きな間違いです。
通常、人は呼吸をすることで生命を維持しています。
具体的には、肺の中に酸素を取り入れて、それを心臓に送り、炭酸ガスと交換して、身体のすみずみまで酸素を送っています。
従って、通常は血液中の酸素と炭酸ガスは中和された状態にあります。
しかし、一度過換気になると、そのバランスは崩れ、血液中の酸素の量が増えてしまいます。
すると、脳から「そんなに呼吸をする必要がない」という指令が出されるため、呼吸をしないようになり、その結果、息が苦しくなります。

スポンサーリンク

従って、過換気の症状とは息が苦しい症状になります。
つまり、呼吸が速くなり、動悸がしたり、胸が圧迫されてや痛みを感じることもあります。
また、頭がぼーっとして眩暈をおこす場合もあります。
手足や唇がしびれて力が入らない場合もあります。
そこでそのような症状になったら、まずはゆっくり呼吸をすることにしましょう。
原因は血液中に酸素が多くなり、炭酸ガスが少なくなっていることですから、炭酸ガスを多く吸えるように口に紙袋やハンカチなどをあてがうのも有効です。
周囲の人が焦らず、騒がず対応することも大事です。
過換気とはストレスで引き起こされることもあります。
あまりにも頻度が多いようならば心療内科などに相談することも考えましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加